袋帯の柄付けは大きく分けると3つある

袋帯の柄付けにはいくつかの種類がある

普段着やおしゃれ着物、礼装、振袖など、着物を着るシーンは様々です。
どんなシーンでどの着物に合わせるかで、使用する袋帯の種類や柄付けが異なります。
柄付けにフォーカスして、袋帯の分類を見ていきましょう。

六通柄の袋帯

もっともメジャーな柄付けです。
袋帯は締めるときに胴に2回巻き付けますが、1巻き目はまったく表には見えません。
そこで、袋帯の価格を安く抑えることを目的に、この1巻き目の部分には柄を織り出さず、無地織りで済ませる商品が生まれました。
全体の六割に柄が入っていることから「六通柄」と呼ばれています。
柄の部分を織り出すのに手間がかかる、礼装用の豪華な帯では六通柄が主流です。
単に価格を抑えることができるだけではなく、袋帯の重さを軽くすることができ、柄どまりの部分を目安にすることで袋帯を締めやすくなったなど、ほかにもメリットがたくさんあります。
その一方、デメリットもあります。柄が入っていない部分があるため、全通柄の帯に比べると、帯の結び方に多少の制限があります。

全通柄の袋帯

帯の全面に柄が入っている袋帯です。
高価な手織りや手組みの帯によく見られる柄付けです。
ほかにも、手描きや紅型など、おしゃれ着用の染帯でもよく見られる柄付けです。
六通柄のように柄どまりがないので、帯結びに制限がなく、いろいろな代わり結びをすることができます。
このため、振袖用の袋帯にも全通柄の袋帯が多くあります。
代わり結びではなくお太鼓結びをするときも、全通柄は柄ゆきを気にせずに結ぶことができ、便利です。
六通柄はお太鼓の柄部分が決まっていることが多く、お太鼓部分の柄を合わせるのに苦労しますが、多くの場合、全通柄はお太鼓柄が決まっていません。
お太鼓部分に目立つシミができてしまったときは、たれ先と手先をひっくり返して結ぶことができるなど、使い勝手のいい柄付けです。

お太鼓柄の袋帯

お太鼓部分と帯前に大きなワンポイントの柄付けがされている袋帯です。ポイント柄とも呼ばれています。
名古屋帯ではポイント柄が主流ですが、袋帯では珍しい柄付けです。
六通柄と違い、価格を抑えることより柄を強調するために用いられることが多く、どちらかというと作家ものなど高額品に多いようです。
お太鼓の結び方にかなり制限があるほか、体形によっては帯前とお太鼓の柄をうまく合わせるのが難しく、帯結びの難易度が高い柄付けです。
着物を着なれない人には、自分で結ぶのはちょっと難しいかもしれません。
その一方、インパクトやオリジナリティの強い柄ゆきが多く、注目を集めたいときにはとても効果的です。
作家ものの場合、着物とセットで柄付けされていることも多く、セットで着用すると独特の世界観を演出できます。