しゃれ袋帯にはいろいろな種類がある

おしゃれ着物で袋帯を楽しもう

袋帯というと、付下げや訪問着など、礼装に締めるイメージが強いですよね。
でも、実はおしゃれ着に締める袋帯もたくさんあるんです。
お洒落着用の袋帯とはどのようなもので、どんな着物と合わせるのか、具体的に見ていきましょう。

染め柄の袋帯はモダンで個性的

若い方におすすめのおしゃれ着用袋帯は、染め柄の袋帯です。
着物と同じように、紬地や縮緬地など、いろいろな生地に絵付けがされています。
墨絵のように単色の染め柄はとてもモダンで、大島紬や結城紬など、伝統的な織りのおしゃれ着物に合わせると粋な印象が際立ちます。
やわらかい縮緬地の染め帯は、同じくやわらかい縮緬の小紋や色無地と相性がいいです。
色無地は略礼装というイメージがありますが、しゃれ帯を締めることでおしゃれ着としても着ることができます。
昔は「織りの着物には染めの帯が合う」と言われていましたが、決してそうしなければいけないという決まりはありません。
そのほうが失敗しにくいというだけです。
最近は、紬地に染め柄や手描きのしゃれ帯もたくさんあります。
織りでもあり、染めでもある帯ですね。ですから、あまり生地を気にする必要はないでしょう。

組み織りの袋帯は上品なやさしい印象を与える

洒落帯として人気の高い帯に「組み織り」の帯があります。名古屋帯もありますが、全通の袋帯もたくさんあります。
斜めに透かした組み織りは、しゃれ感がたっぷりです。
どんな着物にも合わせやすく、着物の種類も選ばないので、しゃれ帯としてかなり人気があり、雑誌でもよく取り上げられています。
単色のものもあれば、たくさんの色糸を用いたものや、金糸を織り込んだものもあります。
単色のものは浴衣にも合う一方で、金糸を織り込んだものはおしゃれ着にも略礼装にも使うことができるなど、なかなか便利な帯です。
手軽に買える機械織りの組み織りの帯もありますが、伝統的な手組みの袋帯もあります。
手組みの袋帯は生産数が少ないので、出回っている本数も少なく、とても希少です。

しゃれ袋帯には全通柄がおすすめ

礼装用の袋帯は六通柄が主流ですが、おしゃれ着用の袋帯は、全通柄とポイント柄の商品が目立ちます。
ポイント柄といっても、紬や綸子など、全通柄の素地にポイント柄の模様が入っているのが一般的で、ある意味、全通柄です。
特に作家ものの染め帯に、このようなポイント柄の全通袋帯が多くあります。
袋帯は、礼装用よりおしゃれ着用の方が高価な商品が少なくありません。
六通柄はできるだけ安く袋帯を作れるように考えられた手法ですから、おしゃれを追及したいしゃれ帯では、あまり好まれないようです。
また、手組みや手織りの帯では、六通柄は作れないという事情もあります。
その分、お値段も高めですが、全通柄は柄ゆきを気にせずに帯を結ぶことができるので、とっても便利です。